PRODUCT

定貫流通漁に計量革命
船上で出荷用に箱詰めされた魚の重量を計量できる台秤(定貫専用)

漁獲した魚の高鮮度・高付加価値化の取り組みとして注目を集める
船上箱詰めにおいて、魚の計量・箱詰め作業は大変な重労働。
さかな体重計は、揺れる船上での正確かつ簡単な規格重量(=出荷重量)の測定を可能とし、
漁業者の負荷を大幅に軽減しました。

さかな体重計の特徴

  • 特徴1

    1船上での正確計量を実現

    出荷重量の分銅との比較で計量を行う仕組みのため、揺れる船上でも正確な計量が可能です。

  • 特徴2

    2計量時の負荷の大幅軽減

    分銅の針位置を見ながら、台秤の上皿に載せた魚を上げ下ろしして重量の調整を行いますので、さお秤のように計量のたびに都度、出荷箱ごと持ち上げる必要が無く、計量時の肉体的負荷を大幅に軽減します。

  • 特徴3

    3簡単・迅速な計量を実現

    使い方は台秤によく似ていますので、簡単かつ迅速な計量が可能です。鮮度の落ちやすい夏場の計量では、特に力を発揮します。

  • 特徴4

    4オールステンレス製の高耐久性

    目盛シール以外のすべての部品をステンレス(主にSUS304)としていますので、海上での長期間の使用にもしっかり耐え抜きます。
    <写真左:導入から38ヵ月が経過したさかな体重計>

  • 特徴5

    5簡単メンテナンス

    使用後に真水ですすぐ程度のメンテナンスで、簡単・長持ち。計量部のバネは消耗品ですが、交換が可能です。

使用方法動画

ご利用者様の声

小松喜久夫さん

「こいつがあるからできる」
(小松喜久夫さん/タチウオ引縄漁業者談)

こいつ(船上さかな体重計)は載せたらすぐ重さが分かる。要はおもりの針より、計量はかりの針が下(=重い)にあればいいんだ。棒秤だと、狭い船内に中腰で、片腕で秤も魚も持つ。それが甲板に置いたまま量れるんだから、かあちゃん(奥さん)が「仕事早いし楽だ」って。
棒秤だと、一発で重さが決まんないと、秤を降ろして詰め直す。経験が浅い子なら何度もかかる手間だよ。さかな体重計なら、目方がたりなきゃ(秤に)載せたまま足すだけ。鮮度が落ちやすい夏は、急ぎたいから助かる。
ここいらは、夫婦2人操業が基本だけど、高齢化もあるし、子世代はかあちゃんが乗ってくれるとは限らん。いつか一人でやらんといかんだろう。たまに一人で漁に出るのは、こいつがあるからできること。
目切れ?1年以上使ってるけど1回のクレームもないね。これ(さかな体重計)使い出したら(棒秤は)使う気にならん。

秤製品導入MAP

導入製品名
さかな体重計
導入地域
北海道釧路地区
主な魚種・漁法
サンマ漁
導入製品名
棒秤「剛力」
導入地域
青森県(代理店:東北製綱様)
主な魚種・漁法
底引き網漁
導入製品名
棒秤「剛力」
導入地域
秋田県八峰地区
主な魚種・漁法
底引き網漁
導入製品名
棒秤「剛力」
導入地域
山形県漁業協同組合様
主な魚種・漁法
底引き網漁
導入製品名
さかな体重計
導入地域
神奈川県三崎地区
主な魚種・漁法
金目鯛はえ縄漁
導入製品名
さかな体重計
導入地域
島根県小型底曳船協議会様
石見地区小型底曳朝市協議会様
主な魚種・漁法
底引き網漁
導入製品名
棒秤「剛力」
導入地域
浜坂漁業協同組合様
主な魚種・漁法
甘エビ 底引き網漁
導入製品名
棒秤「剛力」
導入地域
大分県佐賀関地区
主な魚種・漁法
タチウオ曳縄漁
導入製品名
さかな体重計
導入地域
大分県佐志生地区
大分県泊ヶ内地区
主な魚種・漁法
タチウオ曳縄漁

大きい赤丸をクリックでその地域の
導入情報をご覧いただけます

船上さかな体重計

特許第6041256号

第25回大田区中小企業新製品・新技術コンクール入賞製品

当製品は、独立行政法人水産総合研究センター様、
及び大分臼杵地区の漁業関係者様との共同開発により完成しました。

カタログ:

お問い合わせ・お申し込み

03-3737-0797(大田工業連合会内)

メールアドレス

FAXはこちら

PAGE TOP